2011-06-07

山岸凉子「日出処の天子」(7)

文庫版「日出処の天子」読了。何度読んでも三人目の妻と戯れるシーンの寂寞とした無常感に涙が出る。【み】